Thursday, December 1, 2022

Tomonori Sawada Transonic Works Plus


Tomonori Sawada

Transonic Works Plus

EXT-0039  2023.1.11 RELEASE  ¥3,300 (tax in)  2CD

Disc A

01. Into The Future

02. Daisy *

03. Dream Trance

04. Blue Dahlia *

05. New World *

06. Sun

07. Dimensional Leap

08. Absolute Science

09. Stereophonic Landscape

10. Skywalk


Disc B

01. Uptown

02. Twin Moon

03. Pop Life

04. Ghost

05. Loner's Theme

06. Very Personal

07. Ride On

08. Lockheed Part1

09. Lockheed Part2

10. 20 Light Years *


*未音源化トラック



現在、世界中のレーベルからのリリースオファーが絶えない、90年代ジャパーニーズテクノユニット、マインド・デザインの元メンバー、トモノリ・サワダが、トランソニック・レコーズに残したトラックに、これまで未音源化だったトラックをプラスしたアーカイブアルバム

ここ数年、80年代以降の日本の音楽が、海外で再評価される現象が起きています。そういった動きの中で、90年代のダンスミュージックにも注目が集まり始め、ディガーによる発掘、世界中のレーベルからのリリースオファーが絶えない状況が続いています。

その中でも日本の代表的なテクノレーベルで、ExT Recordingsの前身に当たるTransonic Recordsを中心に活動していたテクノユニットMind Designへの注目が高まっています。

このアルバムは、そのメンバーであるTomonori SawadaのMind Design、Unreal、Fantastic Explosion時代のトラックに、未音源化だった4トラックをプラスし、最新リマスタリングを施したアーカイブアルバムです。

90年代初期のUK、デトロイトテクノのテイストを彷彿とさせつつ、それを独自の世界観に変換した、洗練されたメロディー、透明感溢れるシンセパッド、アッパーなテクノ、トランス、ドラムンベースから静寂なロービート/ブレイクビーツ、アンビエントハウスなどの多彩なフォーム。

現在世界が求めている90年代日本のエレクトロニックサウンドの集大成とも言えるアルバムが待望のリリースです。



Tomonori Sawada(トモノリ・サワダ)

90年代初頭より、テクノユニットMind Designのメンバーとして、クラブでのライブアクト、Transonicを始めとしたテクノレーベルのコンピレーションアルバムへの参加、デトロイトのテクノレーベルGeneratorより12”シングル、94年にはTransonicよりアルバムView From The Edgeをリリース。ソロとしてもUnreal名義で95年にミニアルバムPop Lifeをリリース。それらは00年代に入り、メジャーのPolystarから再リリースもされた。

また、永田一直とSuzukiskiによるサンプリングコラージュドラムンベースユニットFantastic Explosionに加入、Pizzicato Fiveのオープニングアクトや、大ヒットしたリミックスアルバムPunch the Monkeyにも参加した。

プライベートでは、大手ゲーム会社のサウンドを長年に渡って手掛けている。


特典CD-R『Mind Design Unreleased Demo 1994』付取扱店

主要取扱店

Wednesday, November 30, 2022

TRANSONIC RECORDS FROM 1994 TO 2023

TRANSONIC RECORDS FROM 1994 TO 2023

2022年12月29日(木)OPEN/START 17:00 CLOSE 22:00

@ LIVEHAUS(下北沢)https://livehaus.jp/

東京都世田谷区北沢2丁目14−2JOW3ビル地下1階


CHARGE ¥3500+1D


LIVE

Tomonori Sawada (ex: Mind Design, Unreal)

Suzukiski 

Sigh Society (ex: Interferon)

King of Opus

Cherryboy Function


DJ

Kazunao Nagata (ex: Organization)

Du 320kbps (from Pasocom Music Club)

Thursday, November 24, 2022

ELECTRO DYNAMIC 2022.11.26


ELECTRO DYNAMIC 2022

2022年11月26日(土)OPEN/START 23:00

@ heavysick ZERO(中野)http://www.heavysick.co.jp/zero/
東京都中野区中野5-41-8カースク中野B1  TEL 03-5380-1413
CHARGE: ¥2500+1D

LIVE
CHERRYBOY FUNCTION
KENTA ARAKI

DJ
KAZUNAO NAGATA
XTAL
MUTRON
MONOLITH
loco2kit
DIYZ
shirakosound

PA
ARAKANE

TIME TABEL


B1F

2300 shirakosound

2345 loco2kit

0030 KAZUNAO NAGATA

0115 XTAL

0230 CHERRYBOY FUNCTION

0330 MUTRON

0415 MONOLITH


B2F

2300 DIYZ

2350 MONOLITH

0040 MUTRON

0130 KENTA ARAKI

0200 shirakosound

0245 DIYZ

0330 loco2kit

0415 KAZUNAO NAGATA

Wednesday, August 31, 2022

CLICK SLIPP SLIP to 93


CLICK SLIPP

SLIP to 93

TDA-0003  2022.10.5 RELEASE  ¥2500+tax

01 Guitar Done -Psychic Angel Mix-

02 Gaston Works -Hard Work Mix-

03 Icebuhn -Paper Driver Mix-

04 Healthy Murder -Jump Up Remix-

05 Gango! -Bemlar Mix-

06 Dust on the Cleaner -feat. Imoko Trojan Remix-

07 Auto-Desu -Ne-Bo Mix-

08 Another Will -Jazzi Mix-

09 Quick Sleep -Shortage Mix-

10 Iitai Yokkyuu -Love for Fa Remix-

Bonus Track

11 Healthy Murder -Echo Remix-

12 Iitai Yokkyuu -Sayonara Remix-



1991~1993年に活動したテクノハウスバンド、CLICK SLIPPが残した幻の音源を初の音盤化!

1991年、札幌出身のニューウェーブバンドO-TISM(オーティズム)が解散。その後、メンバーの末岡ジロウ、田中純と、日本最初期のテクノハウスユニットと知られる、元タカハシテクトロニクスのニック・ヨシザワの3人で、CLICK SLIPPを結成。O-TISMの他のメンバーの砂原良徳はメジャーデビュー直後の電気グルーヴへ、松沢重信はサイコビリーバンド、バトル・オブ・ニンジャマンズに加入した。

テクノハウスを基調にしながら、マンチェスター、ギターポップ、ロカビリー、ラウドロックの要素を取り入れた、ポップでヘビーな歌モノでライブハウスやクラブでのライブ活動を行う。

当時、単体でのリリースは無かったが、東芝EMI傘下のレーベルPor supuestoの「TROJAN HORSE」(加藤賢崇プロデュース)、90年代の代表的なテクノレーベルTRANSONIC RECORDSの前身に当たるTRIGGER LABELの「BEST OF TRIGGER TRACKS」(永田一直プロデュース)の2枚のコンピレーションアルバムに参加し、1993年に解散。

今回のアルバムは、当時参加したコンピレーションアルバム収録曲に加え、O-TISM時代の楽曲のリメイク、デモ音源やそれらに新たにオーバーダビングを施し、リミックスした音源もコンパイルされる。

約30年の年月を経て、90年代初頭の隠れたテクノハウスバンドの青春が蘇る。




CLICK SLIPP(クリックスリップ)

1991~1993年に活動した、テクノハウスバンド。

1991年、札幌出身のニューウェーブバンドO-TISM(オーティズム)が解散。その後、メンバーの末岡ジロウ、田中純と、日本最初期のテクノハウスユニットと知られる、元タカハシテクトロニクスのニック・ヨシザワの3人で、CLICK SLIPPを結成。

テクノハウスを基調にしながら、マンチェスター、ギターポップ、ロカビリー、ラウドロックの要素を取り入れた、ポップでヘビーな歌モノでライブハウスやクラブでのライブ活動を行う。

当時、単体でのリリースは無かったが、東芝EMI傘下のレーベルのPor supuestoの「TROJAN HORSE」、90年代の代表的なテクノレーベルTRANSONIC RECORDSの前身に当たるTRIGGER LABELの「BEST OF TRIGGER TRACKS」の2枚のコンピレーションアルバムに参加し、1993年に解散。

その後、田中はテクノユニットFROM TIME TO TIMEに参加、末岡は電子音響レーベルZERO GRAVITYよりTEMDENDAM SUAY名義でアルバムを発表している。


主要取扱店

diskunion TOWER HMV amazon

ExT Recordings LOSAPSON? MECANO TACO che

iTunes Store



CLICK SLIPP / SLIP to 93 & Naka Tomizawa / 2020GW
W RELEASE PARTY


2022.10.1 (SAT) OPEN/START 17:00  CLOSE 22:00


@ heavysick ZERO(中野)http://www.heavysick.co.jp/zero/

東京都中野区中野5-41-8カースク中野B1  TEL 03-5380-1413


CHARGE 2500円(別途1DRINK代)


LIVE

CLICK SLIPP

Naka Tomizawa

CHERRYBOY FUNCTION

ペペタス・アンドロニカス

SUEOKA ALI


DJ

永田一直

HAZEMOTO (Sigh Society, PC-8)

Wednesday, August 17, 2022

ELECTRO DYNAMIC 2022 -SUMMER END SPECIAL-


ELECTRO DYNAMIC 2022 

-SUMMER END SPECIAL-

2022年9月19日(月祝)OPEN/START 14:30 CLOSE 22:00

@ OPPA-LA(片瀬江ノ島)http://oppala.exblog.jp/
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-17 江ノ島ビュータワー4F  TEL 0466-54-5625
CHARGE: ¥2500

LIVE
CHERRYBOY FUNCTION
鶴岡龍
KES
虫ミュージック
荒木健太

DJ
永田一直
Latin Quarter
KAZU
DIYZ

SOUND
松本音響

Wednesday, June 8, 2022

ELECTRO DYNAMIC 2022


ELECTRO DYNAMIC 2022

2022年7月3日(日)OPEN/START 15:00 CLOSE 22:00

@ OPPA-LA(片瀬江ノ島)http://oppala.exblog.jp/
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-17 江ノ島ビュータワー4F  TEL 0466-54-5625
CHARGE: ¥2000

LIVE
CHERRYBOY FUNCTION
虫ミュージック
KES
TARO NOHARA
荒木健太

DJ
永田一直
MONOLITH
DIYZ
露骨キット

SOUND
松本音響

ExT Recordings Presents ELECTRO DYNAMIC 2001-2022


ExT Recordings Presents 

ELECTRO DYNAMIC 2001-2022

2022.6.21 (TUE) 19:00 -24:00

@ DOMMUNE
観覧予約 2000円

LIVE
KES
荒木健太

DJ
MONOLITH
露骨キット

TALK
永田一直
桂実

▪️19:00-21:00

映像で振り返る、ELECTRO DYNAMICと00年代

TALK : 永田一直、MONOLITH、露骨キット、桂実


▪️21:00-24:00

ELECTRO DYNAMIC 2022 前夜祭

LIVE : KES / 荒木健太

DJ : MONOLITH / 露骨キット


20221月にDOMMUNEで配信されたプログラム、MONOLITHの著書『日本列島秘史出雲,エミシ,アイヌ,サンカ,まつろわぬ民の真実を追う』出版記念SP!の後半で行われた、著者も度々出演した、かつて2001年〜2003年にスカパー!にて放送されていた東京のアンダーグラウンドシーン(恵比寿MILKや東高円寺GRASSROOTSなど)をクローズアップした番組「ぶりぶりミュージックアフタヌーン」のアーカイブ公開は、当時のかなり貴重な映像が流れ、少なからずとも反響を呼びました。

そこで、今回はそのアーカイブに永田アーカイブスからの映像も交え、20年振りにサブスクで再発された、エレクトロニカユニット・虫ミュージック(a.k.a. 露骨キット)を取り巻いた、00年代のアンダーグラウンドシーンを考証します。

2部は、73日に江ノ島オッパーラで行われる、10数年振りのELECTRO DYNAMIC 2022の前夜祭プログラム。横浜Pan Pacific Playaから、KESのマシーンライブ、現在世界で唯一のMSXパソコン奏者・荒木健太のAVライブ、DJMONOLITHのテクノを中心としたエレクトロニックミュージックセット、露骨キットの虫ミュージックからバイレファンキに渡るセットを披露!

💢エレクトローーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! ダイナックーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!